ビューカード ビューサンクスポイント

サービス名 ビューカード
ポイント名 ビューサンクスポイント
情報ページ ビューサンクスポイント 

首都圏では、もう財布の必要がないほどさまざまな電子マネーが普及しています。JR東日本のクレジットカードであるビューカードと、Suicaがひとつになった「ビュー・スイカ」カードは、これ一枚でJR・私鉄・地下鉄・バスも乗れて、買物もできます。

そしてビューカードと「ビュー・スイカ」カードは毎月の利用額に対してビューサンクスポイントが貯まります。
※ただし、イオンSuicaカード、スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」などは、ビューサンクスポイントの対象外となります。

ビューサンクスポイントとは、ビューカードと「ビュー・スイカ」カードの利用額の合計に対し、1000円ごとに2ポイントが貯まるサービスです。JR東日本の駅やびゅうプラザ、指定席発売機で、きっぷや定期券の購入、Suicaへの入金(チャージ)、びゅう国内旅行商品の購入などでは、通常の3倍、1000円につき6ポイントが貯まります。また、「えきねっと」でJR券を申込むと、指定券1枚につき、普通車利用の場合で20ポイント、グリーン車利用の場合で40ポイントの「えきねっとポイント」が貯まるのですが、その「えきねっと」をビューカードで会員登録している場合は、特別な手続きなしで、「えきねっとポイント」1ポイント=ビューサンクスポイント1ポイントとして毎月ポイントが移行されます。

通常のSuicaではチャージしてもポイントは付きませんが、ビューカードだと、Suicaへのチャージで1.5%のサンクスポイントが貯まります。Suicaは電子マネーですから、実質的に1.5%の値引きが受けられるのと同じです。

貯まったビューサンクスポイントは、びゅう商品券やグリーン車利用券などの商品に交換できるほか、「ビュー・スイカ」カードなら、Suica部分に入金(チャージ)する「サンクスチャージ」や、各提携会社のポイントへ交換することができます。また、各提携会社のポイントをSuica部分に入金することもできます。

さらにビックカメラのビックカメラSuicaカードだと、ビックカメラのビックポイントからSuicaへの交換ができます。

ビューカードでのクレジット決済でSuicaへの入金(チャージ)は、オートチャージを設定しておくか、JR東日本の駅にあるビューアルッテや券売機でできます。すべてのビューアルッテや券売機が対応しているわけではないので対応はこちらを参照してください。


Copyright© ポイント情報. All rights reserved.