ANA ANAマイレージクラブ

サービス名 ANA
ポイント名 ANAマイレージクラブ
情報ページ ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブは、ANAのマイルが貯まるポイントプログラムです。このマイルは、飛行機のフライトだけでなく、近頃はいろいろなルートで貯めることができるようになりました。貯めたマイルも、フライト以外にも使えるようになりました。

マイルを貯めるには、まずANAマイレージクラブに登録をして、カードを作らなくてはなりません。これはインターネットなどから申し込むことができて、入会金、年会費は無料です。マイレージクラブのカードの種類としては、クレジット機能がなくてEdyのついたカード、クレジット機能とEdyのついたカード、郵便局や銀行のキャッシュ機能のついたカードなどさまざまなタイプがあります。そしてそれらのカードの利用に応じてマイルが貯まります。Edyのついたマイレージカードは、Edyの利用でもマイレージが貯まりますから結構お得です。

マイルを貯めるのに一番効率がいいのは、やはりANAカードでしょう。
ANAカードでの支払いだと、100円(消費税含む)=1マイル、さらにクレジットカードのポイント移行で100円=2マイルが貯まります。
ただしANAカードは、初年度の年会費は無料になっても、次年度からは年会費が必要なものがほとんどです(学生用カードのみ年会費無料)。

ANAカードで直接ポイントをマイルにしていくほかに他のカードからポイントをマイルに移行する方法がとても充実してきました。クレジットカードのポイントから移行するのが一般的ですが、他にも買い物をした時の会員カードや、交通系のプリペイドカードなどもできるものがあります。ただし一度に移行できるポイントの上限があったり、移行手数料がかかる場合があるので気をつけなくてはいけません。

カードなどのポイント移行を使わなくても、ショッピングでもマイルがたまっていくお店もあるのでチェックするとよいと思います。ANAのサイト経由でログインして買い物をすると、ANAのマイルが貯まる他、各ショップのポイントも付与されます。さらにクレジットカードで決済すればクレジットカードのポイントも付きますから、なんとポイント・マイルが三重に付くことになります。

貯まったマイルは、もちろん航空券にするのが一番還元率がいいのですが、他のクレジットカードのポイントに変換したり、ANAカードにはEdyの機能搭載のものがあるので、Edy・PiTaPaに変えて現金代わりに使うこともできます。東京メトロを経由すればPASMOにも交換できます。ただしANAのマイルから他のポイントやEdyへの交換は、現金換算にすると半額程度に価値が下がってしまうことがほとんどなので、使い切れずに期限切れになりそうな中途半端なマイルが貯まっている時以外は、あくまでANAで使うことを目指すのが得です。

なお手持ちのANAカードがEdy機能のないカードの場合、クレジット機能のないマイレージカードはANAのホームページなどで、またクレジットカード機能付きのものの場合は各クレジット会社で変更の手続きが必要です。

ANAのマイレージの貯め方に関しては多くの参考書が出ていますので参考にしてください。


Copyright© ポイント情報. All rights reserved.