ポイント情報>航空会社のマイレージ

航空会社のマイル

 航空会社各社は単独あるいは国際的なグループでマイレージ・サービスを実施しています。JALなどは随分長い間単独及び個別の航空会社との提携でのマイレージ・サービスを維持してきましたが、国際的なアライアンスに組み込まれていくようです。

 このようなグループ化が進むと、よく利用する航空会社のカードでマイルを貯め易くなりますから、利用者にはありがたいものです。

 マイルを貯めるには直接航空機を利用することの他に、空港宅配サービスや空港の売店など、航空会社が提携しているお店やサービスを利用することでも貯めることができます。またクレジットカードをはじめ、多くのポイントからマイルへ移行することが可能になっています。

マイルへの交換の注意点

 航空会社のマイルを貯める人の目的は、無料航空券をゲットすることだと思います。しかしこの目的には、他のポイント・サービスからの移行はあまり得策ではありません。と言うのは、多くの場合航空会社のマイルへの交換は交換率が悪かったり、あるいは別に手数料が必要であったりするからです。

 また、多少のポイントをマイルに移行したところで無料航空券は簡単にはゲットできません。無料航空券をゲットするには、飛行機に乗るのが一番でしょう。頻繁に航空機を利用してマイルが元々貯まりやすい人ならば他のポイントをマイルに交換することも意味がありますが、そうでないならば、つまり陸マイラーの方たちの多くは、マイルはきっぱり対象から外して、ポイントは買い物に使う、あるいは商品券、現金などに交換することを目指す方が有利です。

 例えばANAでは航空券に交換できるのは15000マイルからです。では買い物で15000マイルを貯めるのに必要な額は?この記事を書いている現在、楽天のキャンペーンで、期間限定で楽天スーパーポイントがANAのマイルに交換できます。交換率は2:1です。つまり楽天の30000ポイントが必要。楽天のポイントは買い物100円で1ポイントですから、なんと300万円の購入が必要な計算です。キャンペーンでこの率、通常のクレジットカードからのポイント移管などだともっと率が悪いことでしょう。

 もう一点航空会社のマイルの注意点は、他のポイントからマイルへ交換するルートはたくさんありますが、マイルから他のポイントへ交換するルートはほとんどない点です。ANAなどでは小額のマイルを商品に交換する道も用意されてはいますが、他のポイントをわざわざマイルに交換して商品に換えるのは得策とは言えません。


Copyright© ポイント情報. All rights reserved.